矯正治療で歯並びを改善する際に感じる痛みとは?|世田谷区上北沢駅徒歩2分の歯医者|上北沢歯科

保存治療

東京都世田谷区上北沢3-17-6 七星ビル2F

執筆著書・講演情報はこちら

03-3329-5068

矯正治療で歯並びを改善する際に感じる痛みとは?

投稿日:2022年12月2日

カテゴリ:スタッフブログ

矯正治療で歯並びを改善する際に感じる痛みについて

矯正治療時に感じる痛み

矯正治療の相談の際は「矯正治療に伴う痛み」について質問されることが多くあります。「どのような痛みなのか・・・」「なぜ痛みを伴うのか・・・」など、歯並びは気になるけど、なかなか治療へ踏み出せないという方も少なくないと思います。

実際、矯正治療では一人ひとり個人差はありますが、痛みを感じることがあります。今回のブログでは、矯正治療で歯並びを改善する際に感じる痛みについてお話したいと思います。

矯正治療の際に感じる痛みとは?

矯正装置の装着・調整に伴う痛み

初めて矯正装置を装着した際や調整後すぐは、装置の異物感をはじめ、歯が引っ張られるような感じや鈍痛などを強く感じる場合があります。

歯の移動に伴う痛み

矯正治療では、矯正装置によって継続的に歯に力を加え、歯槽骨(歯を支える)の吸収と再生を繰り返すことで少しずつ歯を移動させます。歯の周囲には歯根膜という組織があり、歯の移動に伴って歯根膜が伸びたり、縮んだりする際や歯槽骨の吸収によって痛みが生じます。

咀嚼時に感じる痛み

矯正治療の際は、歯根の吸収や再生などで歯の状態が不安定になっています。そのため、食事の際に痛みを感じる場合があります。固いものなどは負担が大きいため、注意が必要です。

炎症(口内炎)による痛み

矯正治療中は、矯正装置が粘膜に接触して口内炎ができる場合があります。また、装置の周辺が不衛生なることで細菌が繁殖して炎症が起こるため、痛みを伴う場合があります。

血流の低下

歯の移動時は血管や神経などの組織も一緒に引っ張られるため、血流が一時的に低下する場合があります。血流が低下して老廃物が溜まると、神経等を圧迫して痛みを感じることがあります。

矯正装置の接触

ブラケットやワイヤーを用いる一般的な矯正装置は、患者さま自身で脱着ができません。会話や食事などの日常生活をはじめ、楽器の演奏やスポーツの際に矯正装置の一部が粘膜に接触して口腔内を損傷し、痛みを伴う場合があります。

抜歯の痛み

矯正治療では、歯の移動に必要なスペースを得るために健康な歯を抜くことも少なくありません。そのため、抜歯した部分の傷口が治癒するまでの間は痛みを感じる場合があります。

矯正治療の際に感じる主な痛みについては上記の通りです。痛みの度合いについては個人によって様々ですが、一時的な鈍痛や違和感がほとんどですので、あまり不安に思うことはありません。

上北沢で歯並び・噛み合わせの改善をご希望の方は、ぜひ上北沢歯科までお気軽にご相談ください。

矯正歯科・小児矯正ページ>>

トップへ戻る