歯周病治療|世田谷区上北沢駅徒歩2分の歯医者|上北沢歯科

保存治療

東京都世田谷区上北沢3-17-6 七星ビル2F

執筆著書・講演情報はこちら

03-3329-5068

歯周病治療

このページの目次

歯の保存に努めた上北沢歯科の歯周病治療

歯周病治療

皆さんは歯を失う一番の原因をご存知ですか?多くの方が虫歯と思っているかもしれませんが、現在、成人が歯を失う原因の一番は歯周病です。歯周病は進行すると歯茎や骨を溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。軽度の症状も含めると実に8割の方が罹患しており、国民病とも呼ばれています。

当院では、患者さまの大切な歯を歯周病からお守りするため、予防をはじめ、症状改善に力を入れています。以下では、当院が取り組む歯周病への対策をご紹介いたします。

歯周病の症状と原因について

歯周病の症状歯磨きなどのセルフケアが適切に行われていないと、細菌の塊である歯垢(プラーク)が歯面や歯と歯茎の隙間に溜まっていきます。

歯周病はそれらの細菌が繁殖することで発症し、歯周組織は細菌による毒素によって炎症が起こるため、赤く腫れたり、出血などを伴います。
(※歯周病の初期症状は自覚なく進行するため、悪化しやすいのが特徴です。)

さらに、重症化が進むと歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝が深くなります。そして、その内部で歯周病菌がさらに繁殖することで歯を支える骨が溶け、歯がぐらぐらになり、最終的に抜け落ちてしまいます。

歯周病は口腔内の衛生面はもちろん、ストレスや食事・睡眠なども大きく関わるため、生活習慣が乱れ、免疫が低下している状態では重症化しやすい傾向にあります。

歯肉炎と歯周炎について

歯周病には大きく分けると「歯肉炎」と「歯周炎」という2つの状態があります。以下では、歯肉炎と歯周炎の違いについてご紹介します。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉炎とは、軽度の炎症によって歯の周辺の歯茎だけが腫れている状態です。歯肉炎の状態であれば、炎症の原因となっているプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、清潔に保つことで症状を改善することができます。※歯肉炎を放置すると歯周炎へと悪化してしまいます。

歯周炎

歯周炎

歯周炎とは、口腔内の環境が改善されず、歯肉炎が悪化し、炎症が骨にまで広がった状態です。歯茎が下がるため、歯が長くなったように見えたり、場合によっては歯を支える骨が失われている可能性もあります。歯周炎は、元の状態に戻すことが難しく、歯がぐらぐらになり、抜け落ちてしまうこともあります。

セルフチェックで歯周病の進行具合を確認しましょう

▼下記で当てはまる項目にチェックを入れ、ご自身の歯周病の進行具合を確認してみましょう。

起床時に口腔内がネバネバする

歯を磨くと歯茎から血が出る

以前よりお口の臭いが気になる

歯茎が赤くなり、腫れている

歯茎がむず痒かったり、痛みを感じたりする

硬い物が噛みにくい

歯が以前より長くなった気がする

歯間の隙間が広がり、食べものがよく挟まるようになった

上北沢歯科では歯周病の早期発見・早期治療を心がけています

歯周病は自覚症状がほとんどなく重症化するため、できるだけ症状が軽いうちに発見・治療することが重要です。上北沢歯科では、以下の取り組みを行い、歯周病の早期発見・早期治療に努めています。

定期検診にて歯周病検査の実施

歯周病の疑いがある場合には、定期検診や治療の際に歯周病検査を実施し、症状が軽い段階で処置が行えるよう努めています。

歯周ポケットの検査

歯周ポケットの検査

探針を用いて歯と歯茎の間に形成される歯周ポケットの深さを検査します。出血の状態から内部の炎症具合もチェックします。

歯の動揺をチェック

歯の動揺をチェック

歯周病が進行すると歯の動揺が激しくなるため、歯を触ってどの位歯が動くかをチェックし、歯周病の進行具合を調べます。

プラークの付着量を確認

プラークの付着量

歯面に染め出し液を塗布し、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の付着量を確認します。さらに付着が多い部分を確認いただき、歯磨きなどのアドバイスをします。

歯周病という病気について理解を深めてもらう

歯周病という病気歯周病は、虫歯のように分かりやすい自覚症状がありません。そのため、患者さまに歯周病になっていることをお伝えしても、重大な事として認識されず、予防や治療が疎かになってしまうことも少なくありません。

歯周病は重症化すると改善までに長い時間が必要になる上、歯の喪失リスクも高くなります。

上北沢歯科では、歯周病で歯を失わないため、そして重症化させないために患者さまへ歯周病という病気についてしっかりと理解を深め、早い段階から予防や改善に取り組んでいただけるよう努めています。

2つのスケーラーを駆使した歯垢・歯石除去

歯周病の予防・改善の基本は歯垢や歯石などの汚れを取り除き、口腔内を清潔に保つことです。当院では歯垢や歯石を除去する際、超音波スケーラーとハンドスケーラーという2つ専用器具を使いわけ、精度の高い処置を心がけています。

超音波スケーラー

超音波スケーラー

超音波振動の力を利用して、頑固な歯石もスムーズに取り除くことができるスケーラーです。短時間で広範囲の処置が可能です。

ハンドスケーラー

ハンドスケーラー

手動で汚れを取り除くスケーラーです。精密な処置ができるため、歯間や細部の歯垢・歯石除去に向いています。

歯周病はさまざまな全身疾患と深く関係しています

歯周病と全身疾患歯周病は重症化すると歯周組織を溶かし、歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。さらに最近の研究では、お口だけの健康だけでなく、全身疾患とも深く関係していることが明らかになっています。

歯周病菌が血液に入り込んで全身を巡ることにより、心筋梗塞や脳梗塞をはじめ、糖尿病、誤嚥性肺炎、低体重出産、早産などさまざまな疾患リスクが高まると言われています。

歯周病と全身疾患の関係について詳しくはこちら>>

歯周病予防・歯周病治療で認知症の発症リスク軽減が期待できます

認知症型アルツハイマー認知症にはいくつかの種類があり「アルツハイマー型認知症」「血管性認知症」「レビー小体型認知症」が日本の3大認知症と言われています。

その中でも約70%を占めるアルツハイマー型認知症は、「アミロイドベータ(Aβ)」などの異常なタンパク質が脳内に溜まることで発症・進行するとされています。

そして昨今、九州大学と中国北京理工大学の合同研究により、アミロイドベータ(Aβ)の脳内蓄積量は歯周病菌によって増加することが解明されました。この研究結果から歯周病の予防・歯周病の治療により、アルツハイマー型認知症の進行抑制や発症リスクの軽減が期待できます。

九州大学の研究結果についてはこちら>>

上北沢歯科が実施する3つの歯周病治療

歯周外科治療

歯周外科治療歯周病が進行すると歯と歯茎の間に形成される歯周ポケットが深くなり、内部の状態を目で確認できなかったり、器具が奥まで届かなかったりなど、適切な処置が行えなくなります。

そのような場合には、歯周外科治療を施し、症状の改善を図ります。歯根部分の歯茎を切開し、歯周ポケット内部を露出させた状態で丁寧に歯石を取り除きます。外科処置ですので、多少負担は大きくなりますが、必要な場合にはご提案します。

歯周組織再生療法

歯周組織再生療法歯周病が重症化すると、歯を支える歯茎や骨が溶け、歯がグラグラと不安定な状態になり、最終的には抜け落ちてしまいます。このような症状の場合には、エムドゲインゲルを用いた歯周組織再生療法を実施し、歯の保存を試みます。

エムドゲインは歯の発生時に重要な働きするタンパク質が主成分で構成されています。このゲルを歯茎や骨を失った部分に塗布することで、歯の発生時と同じ環境を作りだし、歯周組織の再生によって歯をもう一度支えられる状態にします。

ヤグレーザー歯石除去

ヤグレーザー歯石除去当院では、Nd:YAG(ネオジウム・ヤグ)レーザーを用いた歯周病治療を実施しています。スケーラーで歯石除去を行った後に歯周ポケットへレーザーを照射し、歯周病菌の殺菌や感染歯肉の蒸散、内部の炎症を鎮静します。

また、歯周病外科治療の際には歯茎の切開、止血などで活用します。レーザーは麻酔無しでも使用できるほど、低侵襲な処置が行えるため、患者さまへの負担も抑えることができます。

歯周病を重症化させないために日頃から気をつけること

歯周病で歯を失ったり、全身疾患を患ったりしないよう、下記のことに気をつけ、歯周病の予防、重症化の防止に努めましょう。

口腔ケアについて

食事について

生活習慣について

歯周病治療についてよくある質問

歯周病は必ずかかるのでしょうか?

歯周病は必ずかかる病気ではありません。遺伝性の病気などで予防ができない稀なケースもありますが、一般的な歯周病については日々のケアをきちんと行い、定期的に検診・クリーニングを受けることで予防することが可能です。

歯周病になりやすい人どのような人ですか?

歯周病になる大きな要因の一つが歯垢(プラーク)です。そのため、歯並びが悪く汚れが蓄積しやすい方をはじめ、正しいブラッシングができていない方や日々のセルフケアを怠る方は歯周病リスクが高いといえます。また、食いしばりなどの悪癖や喫煙や睡眠不足といった生活習慣も歯周病を悪化させる因子となるため、注意が必要です。さらに近年では、糖尿病と歯周病がお互いの症状を重症化させるという研究結果が出ており、糖尿病の方も歯周病が悪化する可能性は高いといえます。

歯槽膿漏と歯周病の違いはなんですか?

歯槽膿漏と歯周病は同じものです。歯茎に炎症が起こり、膿が出る症状から以前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。しかし、歯茎だけでなく、歯を支える骨が溶けたりなど様々な症状があるため、近年では「歯周病」という名称が用いられるようになりました。

歯茎の検査や歯石を取り除く際にチクチクするのはなぜですか?

歯茎の検査では、特殊な器具を使用して歯茎と歯の境目に形成される歯周ポケットの深さを測ります。また、歯垢や歯石は歯茎を覆うように付着しているため、取り除く際に器具の先端が触れてしまいます。そのため、炎症が起こり歯茎が敏感になっている状態では痛みを伴うことがあります。
※痛みが強い場合は、塗布型の麻酔などを使用して痛みを緩和いたします。

歯石の除去はどれくらいの間隔で行うのが良いのでしょうか?

歯石の付着量はブラッシング方法や歯質によって変わるため、一人ひとり歯石を取り除く頻度は異なります。目安としては、1年間に3~4回位が良いと言われています。かかりつけの歯科医院にて、歯石の付きやすさなどを継続的に検査してもらい、適切な間隔で検診・歯のクリーニングを受けるようにしましょう。

世田谷区上北沢で極力歯を抜かない歯周病治療をご希望の方へ

極力歯を抜かない歯周病治療

上北沢歯科では、患者さまの大切な歯をお守りするため、歯周病の早期発見・早期治療を心がけています。重症化した場合にも、進行状況に合った処置を行い、症状の改善、悪化防止に努めています。世田谷区上北沢で極力歯を抜かない歯周病治療をご希望の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る