レーザー保存治療(歯根破折の治療)|世田谷区上北沢駅徒歩2分の歯医者|上北沢歯科

保存治療

東京都世田谷区上北沢3-17-6 七星ビル2F

執筆著書・講演情報はこちら

03-3329-5068

レーザー保存治療(歯根破折の治療)

歯根破折(ひびが入った歯)でも歯の抜かない治療について

歯根破折

上北沢歯科では、一般的に歯を抜くことになる「歯根破折」であっても、極力抜かずに保存するよう努めています。こちらでは、当院自慢のレーザーを用いた歯根破折の保存治療についてご紹介します。

歯根破折(しこんはせつ)とは?

歯根破折(しこんはせつ)とは、歯の根の部分が割れたり、ひびが入ったりしている状態のことです。上記でも述べている通り、歯根破折になると一般的には抜歯と診断されることになります。成人が歯を失う原因は主に、歯周病や虫歯の重症化、そして歯根破折となります。

歯根破折(しこんはせつ)になる原因について

歯根破折は、部分的にかかる噛む力の蓄積によって生じると考えられます。

【歯根破折しやすい条件】

特に虫歯治療や怪我などで神経を失った歯(失活歯)は、歯に栄養を送る血管なども取り除かれているため、歯の強度が低下しています。そのため、噛む力の蓄積やくいしばりなどの強い咬合力によって歯の根が破折してしまうのです。

歯根破折(しこんはせつ)の症状について

歯茎の腫れ・咀嚼時の痛み

歯根が破折した周辺の歯肉が腫れたりする場合があります。また、咀嚼時など、負荷が掛かった際に痛みを感じるなどの症状があります。

歯茎にできものができる

歯根部分の歯茎の表面にニキビのようなできものができる場合があります。破折部の細菌感染によって炎症が起き、膿が溜まっている状態です。

差し歯の動揺・脱離

差し歯がぐらぐらしたり、何度も外れる場合には、歯根破折になっている可能性があります。歯根破折で歯の根が拡大するため、土台が抜けたり、揺れたりしやすくなります。

歯根破折の歯はなぜ抜歯になるの?

なぜ、歯根破折が起きた歯は抜歯と診断されることになるのでしょうか。

噛む力が強かったり、固い物を噛んだりした場合に、歯が欠けたり、割れたりすることがあります。その際、損傷範囲が比較的小さく、歯根まで亀裂が入っていない場合には、一般的な虫歯治療と同様につめ物やかぶせ物で修復することができます。

しかし、損傷範囲が大きく、歯根部分まで亀裂が入ってしまうと、その隙間から歯茎や顎の骨に細菌が入り込み、炎症を起こしてしまいます。症状が悪化すると顎の骨を溶かしたり、周囲の歯に悪影響が及ぶため、抜歯となってしまうのです。

歯根破折歯を抜かないレーザー保存治療(自費治療)

歯を抜かない治療として、歯槽膿漏(歯周病)の歯に対して多くの歯科医院が歯周治療を行ない歯の保存(抜かない)に努めています。

歯根破折歯の保存

しかし、歯槽膿漏ではない問題として、昨今、歯の根のひび割れによる炎症(歯根破折)で歯を抜くケースが非常に増えております。

この歯根破折に対して歯を抜き(抜歯)人工歯根(インプラント)を入れることで多くの場合は元通りに咬めるようになります。つまり、歯根破折→抜歯→インプラントが現在の歯科治療の主流となっております。

しかし、患者さまは経済的問題のみならず、歯への愛着、処置への恐怖等で抜歯に踏み切れないことがあります。

NdYAGレーザー

当院では、こうした歯根破折の患者さまに対し、レーザー治療を施し、破折部分の細菌の蒸散と歯周組織の活性化による免疫力向上によって、再感染を防ぎ、多くの歯の保存に成功してきました。

ご希望に添えないケースもありますが、抜歯をする前にぜひともご相談いただければと思います。

上北沢歯科のレーザーを用いた歯根破折歯の治療症例をご紹介

▼当院で実際に行ったレーザーによる歯根破折歯の治療症例をご紹介します。

歯根破折のレーザー治療症例① (68歳 男性)

歯根破折の治療症例こちらの患者さまは、他医院にて治療をしていた際、歯根破折で保存不可能と診断されました。

患者さまにご自身の歯の状態をしっかりと理解をいただいた上で、他医院より歯の治療依頼を受けた症例です。

歯根破折の治療症例

歯根破折歯はレーザーにて保存可能なことが多く、本症例でも治療は奏功しセラミッククラウンを装着するまで回復しました。他医院にて抜歯と診断された歯でしたが、外科的な処置を行うことなく保存することができました。

年齢・性別 68歳 男性
治療期間 3ヵ月
治療回数 5回
治療費 13万円(税別)(レーザー治療、セラミッククラウン)
リスク・注意点 特になし

歯根破折のレーザー治療症例② (32歳 女性)

歯根破折の治療症例

歯根破折を認めたためレーザー治療を試みた結果、レントゲン上で骨が再生するほど回復しました。レーザー治療で骨の回復も認められたため、クラウンの再治療も行っていません。もちろん患者さまに自覚症状はありません。

年齢・性別 32歳 女性
治療期間 2ヵ月
治療回数 4回
治療費 3万円(税別)
リスク・注意点 特になし

世田谷区上北沢で歯根破折を抜かずに治療したい方へ

上北沢歯科

上北沢歯科では、患者さまの大切な天然歯をできるだけ抜かないことをモットーに治療を行っています。通常なら抜歯となる歯根破折であっても、当院自慢のレーザー治療より、高い確率で歯を残すことが可能です。世田谷区上北沢で歯根破折で歯を抜きたくない方、他医院で抜歯と診断された方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る