審美治療症例①|世田谷区上北沢駅徒歩2分の歯医者|上北沢歯科

保存治療

東京都世田谷区上北沢3-17-6 七星ビル2F

執筆著書・講演情報はこちら

03-3329-5068

審美治療症例①

前歯の審美治療症例(28歳 女性)

治療前

審美治療症例

治療11年後

審美治療症例

歯茎が見えすぎる患者様で、歯茎の露出を減らす手術(クラウンレングスニング)を行ない前歯4本の治療を行いました。歯茎の手術を行なうと、手術後に痛みが生じるのでうがい薬の使用のみで、歯みがきを行なわないことが重要となります。写真は11年経過時のものですが、現在は20年経過しており、トラブルもなく良好な状態です。

年齢・性別 28歳 女性
治療期間 4ヵ月
治療回数 9回
治療費 60万円(税別)
リスク ・過度な力が加わると被せ物が破損したり、外れたりする場合があります。
・症例によっては、歯を多く削る場合があります。

トップへ戻る